コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新庄直矩 しんじょう なおのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新庄直矩 しんじょう-なおのり

1660-1676 江戸時代前期の大名。
万治(まんじ)3年生まれ。新庄直好(なおよし)の子。直好が叔父(おじ)直房の次男直時を養子にむかえたあとに誕生。延宝2年所領のうち7000石を直時に分与し,常陸(ひたち)(茨城県)麻生(あそう)藩主新庄家(第1次)5代をつぐ。2万300石。再興した。延宝4年4月30日死去。17歳。麻生藩は断絶するが,のち直時が再興した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

新庄直矩の関連キーワードライプニッツラーコーツィ家フョードル[3世]インノケンチウス11世アレクセイ・ミハイロビチシデナムボイルの法則本庄重政ボイルの法則王政復古期演劇

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android