コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麻生藩 あそうはん

3件 の用語解説(麻生藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

麻生藩
あそうはん

江戸時代,常陸国 (茨城県) 行方郡麻生地方を領有した小藩。慶長9 (1604) 年新庄直頼が3万 3000石を領して立藩。孫直矩に嗣子なく延宝4 (76) 年いったん除封となったが,遠縁の直時が1万石で再封し,子孫が廃藩置県まで在封した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典の解説

あそうはん【麻生藩】

江戸時代常陸(ひたち)国行方(なめがた)郡麻生(現、茨城県行方市)に藩庁をおいた外様(とざま)藩。藩校は精義(せいぎ)館。関ヶ原の戦いで西軍に属したため摂津(せっつ)国の領地を没収されていた新庄直頼(しんじょうなおより)が、許されて徳川家康(とくがわいえやす)に召し出され、1604年(慶長(けいちょう)9)に3万石を賜って麻生に陣屋を設け、立藩した。76年(延宝(えんぽう)4)に継嗣(けいし)がなくなって一時改易(かいえき)されたが、1万石で再立藩、以後明治維新まで10代続いた。1871年(明治4)の廃藩置県で麻生県となり、その後、新治(にいはり)県を経て75年茨城県に編入された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

麻生藩
あそうはん

常陸(ひたち)国(茨城県)行方(なめがた)郡に置かれた外様(とざま)藩。新庄直頼(しんじょうなおより)は1604年(慶長9)常陸国行方、河内(かっち)、新治(にいはり)、真壁(まかべ)、那珂(なか)、下野(しもつけ)国(栃木県)芳賀(はが)、都賀(つが)、河内(かわち)の8郡内に3万300石を与えられ、行方郡麻生を本拠とした。1674年(延宝2)3代直好のあと実子直矩(なおのり)が跡を継ぐが、養子直時は常陸鹿島(かしま)郡内に7000石を分知される。2年後直矩が嗣子(しし)なく没すると、直時が1万石の大名として新庄家を継ぐ。麻生を中心に、飛地(とびち)をあわせ24か村を支配し、1871年(明治4)の廃藩まで続いた。[佐久間好雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

麻生藩の関連キーワード常陸宮行方市常陸常陸帯貝常陸風土記常陸大宮〈町〉最仙平忠幹辻常陸大掾壬生麻呂

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone