新撰長禄寛正記(読み)しんせんちょうろくかんしょうき

百科事典マイペディアの解説

新撰長禄寛正記【しんせんちょうろくかんしょうき】

長禄・寛正年間(1457年−1466年)を中心とする室町時代の日記。作者・成立年代とも不詳。内容は,畠山持国(もちくに)の実子義就(よしなり)と養子政長(まさなが)との間の家督争いを主題とし,室町幕府の行事や諸大名の動きについても言及している。→畠山政長畠山義就

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんせんちょうろくかんしょうき【新撰長禄寛正記】

室町時代の記録で,長禄・寛正年間(1457‐66)を中心に畠山氏の家督継承問題を主題とする。作者,成立年代ともに不明。畠山持国の養子政長と実子義就が家督を争い,1460年(寛正1)より河内で交戦し,勝利を得た政長が64年管領に任命される模様を中心に,室町幕府の行事や諸大名の動向を記している。ただし畠山弥三郎を政長と同一人物とするのは誤り。《群書類従》所収。【鳥居 和之】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android