コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯川村 ゆがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯川〔村〕
ゆがわ

福島県北西部,会津盆地中部にある村。 1957年笈川 (おいかわ) ,勝常 (しょうじょう) の2村が合体して成立。中心地区の笈川は旧米沢街道に沿う街村。北に日橋川,西に阿賀川 (大川) ,中央に湯川が流れ,しばしば水害に襲われたが,阿賀川の捷水路開削により,肥沃な水田地帯に変った。徳一大師開基の古刹勝常寺があり,室町時代初期建立の会津中央薬師堂と本尊薬師如来など 12体の貞観仏は重要文化財に指定されている。北東部を JR磐越西線,国道 121号線,南西部を国道 49号線が通る。面積 16.37km2。人口 3206(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

湯川村の関連キーワード福島県河沼郡湯川村佐野目福島県河沼郡湯川村清水田福島県河沼郡湯川村熊ノ目福島県河沼郡湯川村田川福島県河沼郡湯川村三川福島県河沼郡湯川村勝常あいづ 湯川・会津坂下福島県河沼郡湯川村浜崎福島県河沼郡湯川村笈川福島県河沼郡湯川村堂畑福島県河沼郡湯川村桜町福島県河沼郡湯川村湊木下 杢太郎湯川村の要覧福島県河沼郡湯川(村)会津地鶏桜町

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湯川村の関連情報