コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新田邦光 にったくにみつ

3件 の用語解説(新田邦光の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新田邦光
にったくにみつ

[生]文政12(1829).12.5. 阿波
[没]1902.11.25. 東京
神道修成派の教祖。竹沢平太郎の3男,初め竹沢寛三郎と称した。国学,神道,兵学を学び幕末には勤王志士として活躍。 1873年教導職大講義となり,修成講社を結成。 76年神道修成派として独立し,初代管長となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新田邦光 にった-くにてる

1829-1902 明治時代の神道家。
文政12年12月5日生まれ。もと阿波(あわ)徳島藩士。はじめ竹沢寛三郎と称した。明治元年神祇官(じんぎかん)御用掛となる。6年神儒二道を折衷して神道修成講社を結成,9年独立をゆるされ神道修成派初代管長となった。明治35年11月25日死去。74歳。著作に「教道大意」「回天策用行録」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

新田邦光

没年:明治35.11.25(1902)
生年:文政12.12.5(1829.12.30)
幕末明治期の神道家,神道修成派の教祖。阿波国(徳島県)美馬郡生まれ。先祖は新田(脇屋)義助と伝えられる。幼時よりきわめて聡明であり,7歳で論語を読んだという伝えがある。「我国は神国たり,民は神孫たり」との考えを抱き,神道を盛んにして人民を教導しようという志を立てる。明治1(1868)年に神祇官御用掛となるが,同年,飛騨国(岐阜県)取り締まりに当たった際,一時忍藩に幽閉され,以後,宗教活動に専念。同5年に教導職。翌年8月,門人を集めて神儒習合の修成講社を組織。同9年には,これが神道修成派として一派独立,その初代管長に就任した。<著作>『教道大意』『回天策用行録』『軍備将略』<参考文献>井上順孝『教派神道の形成』

(井上順孝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新田邦光の関連キーワード田中頼庸卜部兼倶古神道神道修成派神道大教三部神道社家神道修成派橘神道忌部坦斎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone