新田 次郎(読み)ニッタ ジロウ

20世紀日本人名事典の解説

新田 次郎
ニッタ ジロウ

昭和期の小説家



生年
明治45(1912)年6月6日

没年
昭和55(1980)年2月15日

出生地
長野県上諏訪町(現・諏訪市)

本名
藤原 寛人(フジワラ ヒロト)

学歴〔年〕
無線電信講習所本科(現・電気通信大学)〔昭和7年〕卒

主な受賞名〔年〕
直木賞(第34回)〔昭和30年〕「強力伝」,吉川英治文学賞(第8回)〔昭和49年〕「武田信玄」,紫綬褒章〔昭和54年〕

経歴
昭和7年中央気象台(現・気象庁)に就職、6年間富士山測候所に勤務。18年満州国中央気象台高層気象台課長に転じ、新京(長春)で終戦を迎える。1年余の抑留を経て、21年10月帰国し、気象庁に復職。24年妻藤原ていの引揚げの記録「流れる星は生きている」がベストセラーとなったのに刺激されて、26年富士山測候所時代の経験をもとにして「強力伝」を執筆、「サンデー毎日」懸賞小説1席となり、30年に直木賞を受賞。その後「孤高の人」「縦走路」などによって山岳小説という分野を開拓、中でも「八甲田山死の彷徨」はミリオンセラーとなった。作品はライフワークともいえる「武田信玄」(4巻)「武田勝頼」(3巻)などの歴史小説の他、気象庁の体験を生かした「毛髪湿度計」「桜島」「昭和新山」、抑留体験を扱った「望郷」などがある。55年毎日新聞に「孤愁―サウダーデ」を連載中に急死した。「完結版 新田次郎全集」(全11巻 新潮社)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

新田 次郎 (にった じろう)

生年月日:1912年6月6日
昭和時代の小説家
1980年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新田 次郎の関連情報