コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新甲子温泉 しんかしおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新甲子温泉
しんかしおんせん

福島県南部,西郷村にある温泉。 1959年に甲子温泉からの引き湯で開発された。泉質は無色透明の単純泉。泉温は 45℃で,神経痛や皮膚病にきく。ブナの林に囲まれ,新緑や紅葉が美しい。付近を流れる阿武隈川の渓流沿いに遊歩道が整備され,国民保養温泉地に指定されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新甲子温泉
しんかしおんせん

福島県中通り南部、西白河郡西郷(にしごう)村にある温泉。阿武隈(あぶくま)川上流の甲子温泉から引き湯した温泉で、甲子高原の中心。泉質は塩化物泉。日光国立公園域内で、国民保養温泉地に指定されている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

新甲子温泉の関連キーワード新藤兼人岡本喜八マキノ雅広森一生チベット問題ルナ市川崑エルスケン川島雄三恐怖映画

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新甲子温泉の関連情報