甲子温泉(読み)かしおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甲子温泉
かしおんせん

福島県南部,阿武隈川上流,甲子山 (1549m) 山麓に位置する温泉。西郷村にある。「かっしおんせん」ともいう。泉質硫酸塩泉泉温は 47~51℃。神経諸病に効果のある閑静な湯治場那須岳への縦走の基地。甲子温泉より引き湯してできた新甲子温泉国民保養温泉地に指定。スキー場ゴルフ場もあって観光客でにぎわう。

甲子温泉
かっしおんせん

甲子温泉」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

甲子温泉

福島県西白河郡西郷村にある温泉。“甲子”は「かし」と読む。阿武隈川上流の標高約900mに位置する。白河藩主、松平定信も入湯したと言われている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甲子温泉
かしおんせん

福島県中通り南部、西白河(にししらかわ)郡西郷村(にしごうむら)にある温泉。阿武隈川(あぶくまがわ)上流の標高約900メートルにある山の湯で、1384年(元中1・至徳1)の甲子(きのえね)の年に発見したことから温泉名がつけられたという。白河藩主松平定信(さだのぶ)も入湯したといわれる。泉質は硫酸塩泉。1961年(昭和36)甲子温泉の4キロメートル下流に引き湯して新甲子温泉が開発された。宿泊施設、レジャー施設も整備され、甲子高原の自然探勝にも便利で国民保養温泉地に指定されている。JR東北新幹線新白河駅から新甲子温泉までバスの便がある。[原田 榮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かし‐おんせん ‥ヲンセン【甲子温泉】

福島県南部、西郷(にしごう)村にある温泉。泉質は単純石膏(せっこう)泉。頭痛、リューマチ、神経痛にきく。日光国立公園の一部。かっしおんせん。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android