コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新穂高[温泉] しんほだか

百科事典マイペディアの解説

新穂高[温泉]【しんほだか】

岐阜県吉城(よしき)郡上宝村(現・高山市),蒲田(がまだ)川上流の温泉群。穂高連峰の西に4kmにわたって栃尾,蒲田,宝,槍見,穂高,新穂高,中尾の諸温泉が点在,登山客が多い。
→関連項目高山[市]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんほたか【新穂高[温泉]】

岐阜県北東端,吉城郡上宝村にある蒲田,宝,佳留萱(かるかや),槍見,中尾,穂高,新穂高などの温泉の総称。中部山岳国立公園内を流れる高原川の支流蒲田(がまだ)川沿いにあり,国民温泉に指定されている。単純硫化水素泉,58~97℃。左俣谷と右俣谷の出あう地点にあり,古くから槍ヶ岳穂高岳などへの飛驒側からの登山基地であった。新穂高温泉駅から西穂高の千石平(2156m)までロープウェーが敷設され,北アルプスの展望ができる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報