栃尾(読み)とちお

  • とちお とちを
  • とちお〔とちを〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新潟県中部,長岡市東部の旧市域。魚沼丘陵北部と越後山脈の間の栃尾盆地にある。 1954年市制。 1955年西谷村,入東谷村の2村,1956年中野俣村,半蔵金村の2村をそれぞれ編入。 2006年長岡市に編入。中心市街地は信濃川の支流刈谷田川上流に位置し,守門岳 (1537m) の北西麓を占める。栃尾郷と呼ばれ,中世城下町として発展し,近世には長岡藩の代官所が置かれた。江戸時代から栃尾紬として知られる織物工業が盛んで,合成繊維織物,メリヤス工業が中心産業になっている。南東部は奥早出粟守門県立自然公園,南西部は長岡東山山本山県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

新潟県長岡市の地名。近世は紬つむぎの産地で、近代織機に移行後は合成繊維の織物を生産。全国有数の豪雪地帯。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新潟県中部、信濃(しなの)川支流の刈谷田(かりやた)川上流盆地にあった旧市名(栃尾市)。現在は長岡(ながおか)市の東部を占める地域。1954年(昭和29)栃尾町と下塩谷(しもしおだに)、上塩谷、東谷、荷頃(にごろ)の4村が合併して市制施行、栃尾市となる。1955年入東谷、西谷の2村、1956年に中野俣(なかのまた)、半蔵金(はんぞうがね)の2村を編入して栃尾盆地全域が市域となる。2006年(平成18)長岡市に編入。国道290号、351号が通り、長岡旧市街、見附(みつけ)市からバス交通の便がある。県下有数の豪雪地で、冬季は交通の途絶する所もある。旧中心市街栃尾は盆地を三分する三支谷の合流点にあたり、中世末上杉謙信(うえすぎけんしん)が少年時代を過ごした栃尾城(舞鶴(まいづる)城)の城下町として発生し、近世は長岡藩栃尾組の代官町となり、栃尾紬(つむぎ)の銘柄産地として知られた。見附市とともに全国有数の合繊織物産地として、テトロン、アクリル、ナイロン服地などの織物工場が立地する。東境にそびえる守門岳(すもんだけ)は越後三山只見(えちごさんざんただみ)国定公園に入り、春山スキーの好適地をなす。刈谷田川ダム、道院(どういん)高原、秋葉公園などの観光地がある。[山崎久雄]
『『栃尾市史』全6巻(1977~1981・栃尾市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

新潟県中部の地名。守門(すもん)岳の西側のふもとにある。江戸時代は栃尾紬の集散地として繁栄。第二次世界大戦後は化学繊維工業に転換。昭和二九年(一九五四)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

栃尾の関連情報