コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新鶴 にいつる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新鶴
にいつる

福島県西部,会津美里町北部の旧村域。 1898年新田村,鶴野辺村が合体して新鶴村が成立。 2005年会津高田町,会津本郷町と合体して会津美里町となった。鶴沼川と佐賀瀬川の複合扇状地に開けた会津盆地の米どころ。薬用ニンジンを特産。常福院薬師堂,弘安寺 (中田観音) の本尊の銅造十一面観音と脇侍立像は鎌倉時代中期の作といわれ,国の重要文化財に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新鶴
にいつる

福島県西部、大沼郡にあった旧村名(新鶴村(むら))。現在は会津美里(みさと)町の北部を占める地域。会津盆地の中西部に位置し、鶴沼(つるぬま)川とその支流佐賀瀬(さかせ)川の流域にある。旧新鶴村は、1898年(明治31)新田(にいた)、鶴野辺(つるのへ)の2村が合併して成立。2005年(平成17)会津高田、会津本郷の2町と合併して会津美里町となった。JR只見(ただみ)線が通じ、磐越(ばんえつ)自動車道新鶴スマートインターチェンジが設置されている。江戸時代には若松城下から軽井沢銀山(柳津(やないづ)町)へ通じる銀山街道があった。米田(よねた)地区の弘安(こうあん)寺(中田観音)には、文永(ぶんえい)11年(1274)の刻銘のある銅造十一面観音及び脇侍(わきじ)、弁天堂があり、いずれも国の重要文化財に指定されている。ほかに常福院薬師堂(田子薬師堂)も国の重要文化財。旧村域には縄文遺跡、古墳、条里遺構もある。農林業が主体で、稲作のほか製材、薬用ニンジン栽培が行われる。[安田初雄]
『『ふるさと新鶴村』(2005・新鶴村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

新鶴の関連キーワード福島県大沼郡会津美里町鶴野辺福島県大沼郡会津美里町神奈川県川崎市幸区本郷(福島県)会津美里(町)会津美里[町]栗まんじゅう山口 弥一郎新鶴[村]水戸 光子新鶴塩羊羹金沢嘉兵衛武蔵野線幸[区]塩羊羹幸区