コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会津高田 あいづたかだ

2件 の用語解説(会津高田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

会津高田
あいづたかだ

福島県西部,会津美里町中・南部を占める旧町域。鶴沼川の支流宮川流域にある。 1955年高田町と赤沢村,旭村,尾岐村,東尾岐村,藤川村,永井野村の6村が合体して会津高田町が成立。 2005年会津本郷町,新鶴村と合体して会津美里町となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

会津高田
あいづたかだ

福島県西部、大沼郡にあった旧町名(会津高田町(まち))。現在は会津美里(みさと)町の中部から南部を占める地域。旧会津高田町は、1955年(昭和30)高田町(1896年町制)と赤沢、永井野、尾岐(おまた)、東尾岐、旭(あさひ)、藤川の6村が合併して成立。2005年(平成17)会津本郷町、新鶴(にいつる)村と合併して会津美里町となる。この地域の中心の高田は宮川沿岸の微高地上にあり、地名もそれに由来する。北東部は大川の氾濫(はんらん)原、南西部は会津盆地南縁の山地で、農業が主。米作のほかタバコ、ホップ栽培も行われ、特産にウメがある。高田は、坂下(ばんげ)から大内(おおうち)(現下郷(しもごう)町)への下野(しもつけ)裏街道の宿場で、六斎市(ろくさいいち)も開かれ、明治時代には郡役所が置かれた。会津美里町役場の所在地である。1926年(大正15)会津線(現JR只見(ただみ)線)が坂下まで開通したとき会津高田駅が開設された。国道401号が通じる。奥州二の宮の伊佐須美(いさすみ)神社の田植え神事は県の無形民俗文化財。法用寺には会津最古の唐様(からよう)造りの本堂内厨子(ずし)及び仏壇、平安後期の木造金剛力士立像(ともに国の重要文化財)などがあり、竜興寺には平安時代に写経された国宝の『一字蓮台法華(れんだいほけ)経』がある。[安田初雄]
『『会津高田町誌』(1966・会津高田町) ▽『会津高田町史』全7巻(1995~2002・会津高田町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の会津高田の言及

【市】より

… 近世初期の市に出される商品を見ると,1680年(延宝8),奥州の城下町福島の市では〈木綿,ふるて,小間物,綿布,いさば,塩,鍬,瀬戸物,ぬりもの,ろうそく,紙,くり,柿,なし,たばこ,うど,わらび,ごぼう,大根,いも,ねぎ,ささぎ〉など,城下町と,その周辺の農民が必要とするものが売買されている。1665年(寛文5)の会津高田村の市では,〈布,木綿,真綿,紙,米,大豆,万穀物,編菜,葛ノ葉,炭,薪,鍬ならびに鍬柄,斧の柄,臼,杵,柏,箕,蓑,菅笠,摺臼,のぼう,はた,たばこ〉その他であった。こうした商品を市に持ち出すものとして生産者のほかに専門の商人がいた。…

※「会津高田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

会津高田の関連キーワード福島県大沼郡会津美里町中川原福島県大沼郡会津美里町中島甲福島県大沼郡会津美里町中新田福島県大沼郡会津美里町中塚甲福島県大沼郡会津美里町中樋福島県大沼郡会津美里町中堀甲福島県大沼郡会津美里町中道下福島県大沼郡会津美里町中道下甲福島県大沼郡会津美里町舩場福島県大沼郡会津美里町米田

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone