コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会津美里町 あいづみさと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

会津美里〔町〕
あいづみさと

福島県西部,会津盆地の南西部にある町。 2005年会津高田町,会津本郷町,新鶴村の3町村が合体。中心地区の高田は鶴沼川の支流宮川の左岸にあり,近世は下野 (しもつけ) へ通じる街道の宿駅として発展。東部は旧日光街道の宿場町として発展し,永禄年間 (1558~70) には蘆名氏岩崎城 (向羽黒山城跡として国の史跡に指定) を築いた。北部の盆地周辺では米,南部の山地では木材を産する。薬用ニンジン,ナメコ,ウメ (高田梅) ,カキ (柿) は特産品。会津焼の産地として知られるほか,木工品や桐下駄の小工場がある。伊佐須美神社は奥州二の宮として知られ,毎年7月に行なわれる御田植祭は伊勢神宮の朝田,熱田神宮の夕田とともに高田の昼田として日本三田植えの一つに数えられる。龍興寺が所蔵する一字蓮台法華経は国宝。常福院薬師堂,弘安寺旧観音堂厨子,法用寺本堂内厨子および仏壇,福生寺観音堂は国の重要文化財に指定されている。町域南東部は大川羽鳥県立自然公園に属する。 JR只見線,国道 401号線が通る。面積 276.33km2(境界未定)。人口 2万913(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

会津美里町の関連情報