コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

方上荘 かたかみのしょう

百科事典マイペディアの解説

方上荘【かたかみのしょう】

福井県鯖江(さばえ)市北東部,旧片上(かたかみ)村を荘域とした荘園。951年の越前国足羽郡庁牒の連署に〈検校(けんぎょう)方上御庄惣別当生江〉とみえるのが早い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かたかみのしょう【方上荘】

福井県鯖江市北東部,旧片上村を荘域とする荘園。天暦5年(951)10月23日付の越前国足羽郡庁牒(東南院文書)の連署のうちに〈検校方上御庄惣別当生江(草名)〉とみえるのが最も早い。《中右記》嘉保1年(1094)3月11日条には,摂関家渡領の一として荘名がみえる。《兵範記》仁安2年(1167)10,11月巻裏の某書状によると,かつて本田100町をもって不輸荘とし,勅事,国役を停止すべしとの国司庁宣が下ったが,田堵らが国領兼作の威を募って所当を弁済せず,4ヵ寺仏餉ならびに南京唯識料米などが欠如するありさまであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の方上荘の言及

【摂関家渡領】より

…渡領とは,特定の地位に付随して渡り伝えられる所領をいい,平安中期には天皇に代々伝えられる後院渡領が成立しており,そのほか太政官の官務渡領や局務渡領などもあるが,史上とくに有名なものは藤原摂関家の渡領である。藤原氏長者の渡領については,1017年(寛仁1)道長が頼通に氏長者を譲ったときの寛仁の渡文が存したことを示す記録があり,当時すでに大和国佐保殿,備前国鹿田荘,越前国方上荘,河内国楠葉牧の4ヵ所から成る渡領が成立していたことがわかる。その後この渡文は,〈荘々送文〉とか〈荘園渡文〉とよばれ,氏長者の交替ごとに,朱器台盤などとともに新長者に渡された。…

※「方上荘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

方上荘の関連キーワード鯖江[市]寄人・神人藤原氏

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android