コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国役 くにやく

10件 の用語解説(国役の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国役
くにやく

「こくやく」ともいう。江戸時代の貢租の一種。幕府が特定の国を指定して,河川の修築,朝鮮使節の参府,将軍の日光社参などの経費にあてるため,臨時に徴発したもので,大名領地の石高 100石 (約 18m3) を基準として課した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

国役
こくやく

「国役 (くにやく)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くに‐やく【国役】

平安末期、国司がその国内に限って課した租税・諸役。
室町時代、守護の課した諸役。
江戸時代、幕府が一定の国に限って臨時に賦課した税。

こく‐やく【国役】

くにやく」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

国役【くにやく】

〈こくやく〉とも読む。平安時代末期以降,朝廷・国司が在地に恒例または臨時に賦課した課役や,室町時代以降には幕府が守護に,また守護を介して各国に課した課役を総称して国役といった。
→関連項目大田文方上荘夫役

国役【こくやく】

国役(くにやく)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くにやく【国役】

近世の国役は中世の一国平均役の系譜を引くものとして,幕府が一国規模で賦課する重要な課役一般を指す。そして国役の語は賦課される階層と課役の内容によって種々の意味をとるが,主要なものとしては農民と職人とを対象にして賦課されるものの2種がある。
[農民の国役]
 幕府による大規模普請や御用人馬の通行に際して関係諸国の幕領,私領一円の農民に国役が課された。
治水国役
 国役を動員して行われる河川普請は国役普請呼ばれる

こくやく【国役】

〈くにやく〉ともいう。平安後期から南北朝期にかけ,朝廷および国衙が各国内に賦課した恒例・臨時の課役の総称。室町期以降においては,室町幕府が守護あるいは守護を介して各国に課した課役,および守護がみずからの用途のため国内に課した課役をいう。 平安中期以降,それまでの律令収税体系が崩れ,王朝国家の収取体系は基本的に官物(かんもつ)・臨時雑役制さらに官物・雑公事(くじ)制へと移行していく。とくに公田官物率法に基づく官物・雑公事制に移行しいわゆる一国平均役が多くなってくる11世紀中期以降,国衙からの恒例・臨時のさまざまな課役(夫役・雑物)の総称として,〈国役〉の名称が多用されるようになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くにやく【国役】

〔「こくやく」とも〕
平安末期・鎌倉時代、国司が国内に課した臨時の賦役。
室町時代、守護が課した臨時の賦役。
江戸時代、幕府が臨時に国を定めて課した河川堤防の修築などの賦役、または経費の賦課。
江戸の職人町に対し、その職能に応じて課した賦役。大工町・鍛冶町・畳町など六一町が国役を務めた。のち、銀納化した。

こくやく【国役】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の国役の言及

【江戸時代】より

…戦争に武士だけでなく庶民を動員するこのシステムは,平時には諸集団を統制し支配するシステムとして機能した。〈軍役〉は中世の〈国役(こくやく)〉に系譜を引くものであるが,これも平時には城普請や河川の工事に転用された。〈国役〉は中期以降は貨幣によって代納化される傾向にあったが,助郷役のように代納化されないものもあり,また幕末の長州征伐では幕府や諸藩は補給要員として大量の農民を動員した。…

【国役】より

… 平安中期以降,それまでの律令収税体系が崩れ,王朝国家の収取体系は基本的に官物(かんもつ)・臨時雑役制さらに官物・雑公事(くじ)制へと移行していく。とくに公田官物率法に基づく官物・雑公事制に移行しいわゆる一国平均役が多くなってくる11世紀中期以降,国衙からの恒例・臨時のさまざまな課役(夫役・雑物)の総称として,〈国役〉の名称が多用されるようになる。広義には造内裏役・伊勢神宮役夫工米(やくぶくまい)など勅事・院事とよばれた朝廷からの国家的臨時課役(その多くは一国平均役)を含め,国衙を通しあるいは国衙から賦課されるいっさいの課役を指していったが,狭義には公領において官物とともに年々の負坦とされた雑公事(雑物・夫役)や国検田使・収納使供給(接待役)など国衙からの臨時の課役,すなわち公領を主対象とし国衙が賦課・徴収主体となっていた恒例・臨時の課役をいった。…

【千石夫】より

…江戸時代初期の国役による人夫役。石高1000石に1人の割合で課されたのでこの呼称がある。…

【町人】より

…すなわち,伝馬役と町人足役がそれである。このうち,伝馬役(馬や人足による労働の奉仕)は,本来全人民が担うものであるが,諸職人はそれぞれの技術労働を国役(くにやく)として奉仕させられたためにこれを免ぜられ,百姓と町人とがこれを負担させられた。しかし平時における伝馬役は,宿駅部分やその周辺の町人や百姓がこれを負担したのである。…

【普請役】より

…大名は幕府から,給人はそれぞれの主君から領知・知行を給与されていること,百姓は土地を所持し,耕作する権利を認められていることによる負担義務の一つ。近世初頭,統一政権が施行した大規模な土木工事において,普請役は石高基準の国役(くにやく)として統一的に賦課されたが(国役普請),幕藩制が確立すると,大名に対する普請役は公儀の御普請御手伝(ごふしんおてつだい)として個別的に賦課されるようになった。御手伝普請の内容も,当初は人足の提供を主とするものであったが,現夫(げんぷ)の徴発が困難となった中期以降しだいに変容し,やがて金納化した。…

※「国役」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国役の関連キーワード役役苦厄くやくや国訳国約欽定論争どやくやわやくやどやくや紛れにやくやせんたくやくん

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国役の関連情報