コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

施火 セビ

大辞林 第三版の解説

せび【施火】

盆の精霊しようりよう送りに家々でたく火。送り火。また、特に8月16日(昔は陰暦7月16日)の夜、京都市近郊の山々で、精霊送りのためにたく大がかりな火。如意ヶ岳の大文字が最も有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

施火の関連キーワード精霊送り

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android