コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

施火 セビ

2件 の用語解説(施火の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せ‐び【施火】

精霊(しょうりょう)送りにたく火。特に、8月16日(もと陰暦7月16日)の夜に京都市近郊の山々でたく火。京都如意ヶ岳大文字の火船岡山の船形の火、松ヶ崎の妙法の火など。送り火 秋》

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せび【施火】

盆の精霊しようりよう送りに家々でたく火。送り火。また、特に8月16日(昔は陰暦7月16日)の夜、京都市近郊の山々で、精霊送りのためにたく大がかりな火。如意ヶ岳の大文字が最も有名。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone