(読み)セン

デジタル大辞泉の解説

せん【旋】[漢字項目]

常用漢字] [音]セン(漢) [訓]めぐる
ぐるぐるまわる。「旋回旋風旋律回旋螺旋(らせん)
一回りして帰る。元に戻る。「凱旋(がいせん)
あちこち回り歩く。「斡旋(あっせん)周旋
[難読]旋頭歌(せどうか)旋毛(つむじ)旋風(つむじかぜ)旋網(まきあみ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【調子】より

…宮とは〈五音(ごいん)〉の主音をいう),平調(ひようぢよう)(平調が宮),双調(そうぢよう)(双調が宮),黄鐘調(おうしきちよう)(黄鐘が宮),盤渉調(ばんしきちよう)(盤渉が宮),太食調(たいしきちよう)(平調が宮)の6種で,六調子または唐楽六調子という。呂・律については,壱越調,双調,太食調の三つが呂,平調,黄鐘調,盤渉調の三つが律とされているが,管楽器が奏する主旋律に関するかぎり,いずれも理論どおりの音程関係にはなっていない。また黄鐘調は律であるのに,特定の曲にかぎって箏の調弦が呂であったり,逆に呂の太食調の曲でありながら,箏が律の調弦を行うものもある。…

※「旋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旋の関連情報