旋毛(読み)センモウ

デジタル大辞泉の解説

せん‐もう【旋毛】

渦を巻くように生えているつむじげ。

つじ【旋毛/×辻】

《「つむじ(毛)」の音変化》
つむじ」に同じ。
「二つばかりの子の、鼻垂れて、頭の―ゆがうで」〈浮・諸艶大鑑・二〉
いただき。てっぺん。
「―のぬけたる葛笠(つづらがさ)を被(かづ)き」〈浮・織留・二〉

つむじ【旋毛】

毛が巻き状に生えているところ。頭頂にあるものをいう。毛渦(もうか)。つじ

つむじ‐げ【旋毛】

つむじの毛。せんもう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんもう【旋毛】

渦巻状に生えている毛。つむじ。

つじ【旋毛】

「つむじ(旋毛)」の転。 「鼻たれてあたまの-ゆがうで/浮世草子・諸艶大鑑 2
笠などの頂上。てっぺん。 「 -のぬけたる葛笠を被き/浮世草子・織留 2

つむじ【旋毛】

頭頂にあって、毛が渦のように巻いているところ。右巻きの方がやや多い。つじ。

つむじげ【旋毛】

つむじの毛。毛渦もうか。せんもう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐もう【旋毛】

〘名〙 うずを巻いた毛。逆さまにはえている毛。つむじげ。つむじ。〔五国対照兵語字書(1881)〕 〔埤雅‐釈馬〕

つじ‐げ【旋毛】

〘名〙 馬の毛で、渦のように巻いているもの。つじ。
※太平記(14C後)一三「背は龍の如にして、四十二の(ツジゲ)を巻て」

つむじ【旋毛】

〘名〙
① 頭頂にある毛が集中して放散性の渦状になっている部分の俗称。霊長類では一般に二個のつむじをもっているが、人の場合には個人差がある。右巻のものが左巻よりやや多く、頭頂の右方にかたよっている場合が多い。中央にあるものは比較的少ない。つじ。〔東南院文書‐天平勝宝二年(750)九月一四日・奴婢見来帳〕
② 人体の頭頂。頭のてっぺん。百会(ひゃくえ)
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉六「此仕切りがつむじを通り過して後ろ迄食み出して居るのがある」
③ (形動) (①が頭頂の中心にない者は意地が悪いという俗説から)いじわるなこと、また、そのさまにいう人形浄瑠璃社会の隠語。
滑稽本・浮世床(1813‐23)二「つむじ(いぢわる)なしんばめ(ばば)を引裂て木の股へかけるやら」

つむじ‐げ【旋毛】

〘名〙 つむじの毛。せんもう。
※俳諧・高点部類(1775)「舅の旋毛剃てからしれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旋毛の関連情報