コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ぞく family

翻訳|family

7件 の用語解説(族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


ぞく
family

数学用語としては,決った範囲 I で標識づけられた i をもつ対象 xi の集り {xi}iI をいう。形式的には,集合 I の元 i に,ある集合 X の元 xi を対応させるのであるから,I から X への関数として定義できる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぞう【族】

《「ぞく」の音変化》一族。また、子孫。
「汝が―に、この国の守とはなさん」〈宇治拾遺・一五〉

ぞく【族】

同じ祖先を持つ人々。同じ血統の人々。
一定の身分や範囲を形づくる同種類のもの。同類の仲間。「社用
生物分類学上の階級の一。科と属との間に必要に応じて設けられる。植物学では属との同音を避けて連(れん)とよぶ。
きわめて小さい植物群落に対する生態学上の単位。同一種の数個体からなる小群をいう。
元素周期表の縦列にある化学元素の一群。各列ごとに似た性質のものが集まっており、銅族・希ガス族などとよぶ。

ぞく【族】[漢字項目]

[音]ゾク(呉) [訓]やから
学習漢字]3年
祖先を同じくする者の集団。一門。「遺族一族家族血族氏族親族同族部族民族
家柄。「華族貴族皇族士族
種類を同じくするものの集まり。「魚族語族水族
一族を皆殺しにする刑。「族滅
(「」の代用字)群がり集まる。「族生
[名のり]えだ・つぎ・つぐ

や‐から【族/輩】

(族)同じ血筋の人々。一家一門。眷属。一族。うから。
「医は黙し、―は眉をひそめ、自己は旦夕に死を待ちぬ」〈蘆花不如帰
(輩)同類の者たち。仲間。連中。ともがら。特に、よくない連中。「行儀を知らぬ―」「不逞(ふてい)の―」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぞく【族 group】

化学用語。周期表中,縦の列に並ぶ元素をまとめて元素の族という。同じ族に属する元素は同族元素と呼び,番号または名称をつけて表す。すなわち長周期型周期表では,最外殻の原子価電子の配置が同じタイプの元素がくりかえし出現して縦に並ぶように配列されている。したがって縦の列に並ぶ元素は化学的性質,化合物の形,原子価などが比較的よく似たものが集まることになる。ただし歴史的には,逆に元素の分類から周期表が作られたので,その族としての分類は,短周期型でI族からVIII族まで,および0族とし,それをさらにA,Bの亜族で分けるのが普通に用いられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぞく【族】

同じ血統に属する人々。一門。ぞう。 「母の-なる播磨国の人/興津弥五右衛門の遺書 鷗外
生物の分類上、科と属の間の階級。植物学では属との同音を避けて連れんという。
〘化〙 周期表中で、縦に配列している一群の元素。 1 族~ 18 族に分けられる。また、一般に、その原子構造や分子構造の類似性により物理的・化学的性質を共有する一群の元素や化合物。例えば、ハロゲン族元素・鉄族元素・芳香族化合物。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【周期表】より

…どちらの型の表でも,原子番号1の水素Hから103のローレンシウムLrまで,あるいは104や,最近報告されている105以上の数個の元素をも含めて,あらゆる元素を原子番号の順序に階段状に配列し,原子の構造,元素の性質のよく似たものどうしが上下に重なり合うように巧みに構成してある。表の縦方向に重なり合う元素群は同じ族group,横方向にならぶ元素群は同じ周期periodに属するという。族には表の左端からIA,IIA,IIIA,……,VIIA,VIII,IB,IIB,……,VIIB,0の諸族があり,またIIIA族の下部にはランタノイドおよびアクチノイドと総称される諸元素が相次いで現れる。…

※「族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

族の関連キーワード八雲愛人松柏砂山チェリー鳴りを潜める花菱十勝岳連峰奈良市のデータ角藤

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

族の関連情報