日光男体山遺跡(読み)にっこうなんたいさんいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「日光男体山遺跡」の解説

日光男体山遺跡
にっこうなんたいさんいせき

栃木県日光市にある標高 2484mの男体山の山頂一角に位置する歴史時代の祭祀遺跡。男体山は古来,二荒山神社の神体山として尊崇されてきたが,1924年に一部調査が行われ,59年には大規模な発掘調査が実施された。遺跡は約 17m四方の地域にあるが,遺物溶岩の窪地や岩の間隙,傾斜地などの自然地形から,重複散乱した形で発見されている。その種類は鏡,印,錫杖,法具,経筒,御正躰,合子,鈴,火打鎌,利器武具馬具,禅頂札,古銭,土器陶磁器など多種多彩なもので,奈良時代から近世に及ぶ長い信仰の姿を物語っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android