コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本原子力産業会議 にっぽんげんしりょくさんぎょうかいぎJapan Atomic Industrial Forum, Inc.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本原子力産業会議
にっぽんげんしりょくさんぎょうかいぎ
Japan Atomic Industrial Forum, Inc.

1956年3月1日に発足した原子力の平和利用促進を目的とした社団法人。産業界の総意により,原子力に関する総合的な調査,研究,情報の交換,意見の調整を行なうとともに,政府の原子力開発計画に協力して原子力の開発と平和利用の促進を目的とする。調査,研究のための委員会,連絡会をもち,海外調査団の派遣,原子力関係資料の公刊などを行なっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にほんげんしりょくさんぎょうかいぎ【日本原子力産業会議】

原子力平和利用の推進により国民経済と福祉社会の健全な発展に寄与することを目的に,1956年3月1日に設立された社団法人。対外表記はJapan Atomic Industrial Forum Inc.(略称JAIF)。原子力産業会議と略称されることも多い。その活動は,政府・国会への建議・提言をはじめ原子力開発への国民的合意の形成,原子力関係国際機関との連携,近隣諸国等との国際協力の推進,国際会議の開催,内外の総合的調査研究,《原子力産業新聞》《原産マンスリー》《Atoms in Japan》等の刊行,技術者の養成など多方面に及んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本原子力産業会議の関連キーワード菅 礼之助有沢 広巳雨宮 綾夫小川 芳樹向坊 隆菅礼之助有沢広巳田中靖政向坊隆

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android