コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本図書コード にほんとしょコード

百科事典マイペディアの解説

日本図書コード【にほんとしょコード】

世界各国で利用されているISBN国際標準図書番号)にならって1981年に導入された日本独自の図書コード。ISBNは書籍,図書を定義する接頭記号と,国別記号,出版者記号,書名記号を示す記号からなり,これに分類コード,価格コードがつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

にほん‐としょコード【日本図書コード】

出版物を特定するためのISBNと、図書分類コードCコード)および税抜本体価格を表すコードによって構成される符号。書籍出版物の裏表紙などに表示されている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

にほんとしょコード【日本図書コード】

出版流通の効率化などのため,1981年世界各国で利用されているISBN(International Standard Book Number,国際標準図書番号)にならって導入された日本独自の図書コード。それまでは,書籍の内容分類や発行所を14けたの数字にコード化した〈書籍コード〉が,1970年から実施されていた。コードを付ける対象となるのは,図書,絵本,マイクロ資料,点字出版物,カセットやレコードなどのほか,それらと組み合わされたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

図書館情報学用語辞典の解説

日本図書コード

国内で出版された図書に付与される日本独自の識別コード.国際標準図書番号に,「C」で始まる分類コード(4桁)と「¥」で始まる定価コード(5桁),最後に「E」が続いた形式をとる.分類コードは,販売対象コード,単行書,新書,文庫を区別する発行形態コード,主題分類を表す内容コードからなる.日本では1970(昭和45)年に独自の書籍コードを導入し,1981(昭和56)年に国際化に対応して国際標準図書番号を導入した.その際に,分類コードを継承するとともに,価格コードを追加した体系ができた.1990(平成2)年には2段のバーコードで表示する書籍JANコードも始められた.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について | 情報

日本図書コードの関連キーワード日本出版インフラセンター雑誌コード(日本)JPO

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android