コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本図書コード にほんとしょコード

4件 の用語解説(日本図書コードの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

日本図書コード【にほんとしょコード】

世界各国で利用されているISBN国際標準図書番号)にならって1981年に導入された日本独自の図書コード。ISBNは書籍,図書を定義する接頭記号と,国別記号,出版者記号,書名記号を示す記号からなり,これに分類コード,価格コードがつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉の解説

にほん‐としょコード【日本図書コード】

出版物を特定するためのISBNと、図書分類コードCコード)および税抜本体価格を表すコードによって構成される符号。書籍出版物の裏表紙などに表示されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にほんとしょコード【日本図書コード】

出版流通の効率化などのため,1981年世界各国で利用されているISBN(International Standard Book Number国際標準図書番号)にならって導入された日本独自の図書コード。それまでは,書籍の内容分類や発行所を14けたの数字にコード化した〈書籍コード〉が,1970年から実施されていた。コードを付ける対象となるのは,図書,絵本,マイクロ資料,点字出版物,カセットレコードなどのほか,それらと組み合わされたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

図書館情報学用語辞典の解説

日本図書コード

国内で出版された図書に付与される日本独自の識別コード.国際標準図書番号に,「C」で始まる分類コード(4桁)と「¥」で始まる定価コード(5桁),最後に「E」が続いた形式をとる.分類コードは,販売対象コード,単行書,新書,文庫を区別する発行形態コード,主題分類を表す内容コードからなる.日本では1970(昭和45)年に独自の書籍コードを導入し,1981(昭和56)年に国際化に対応して国際標準図書番号を導入した.その際に,分類コードを継承するとともに,価格コードを追加した体系ができた.1990(平成2)年には2段のバーコードで表示する書籍JANコードも始められた.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本図書コードの関連キーワードJPO物流(物的流通)日本出版インフラセンター肥効率エネルギー効率生物的効率ムーディの式(機械工学)出版流通の仕組み九州地域戦略会議栗田確也

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本図書コードの関連情報