日本狼(読み)ニホンオオカミ

デジタル大辞泉の解説

にほん‐おおかみ〔‐おほかみ〕【日本×狼】

イヌ科の哺乳類。かつて本州・四国・九州に分布していたが、1905年奈良県で捕獲されたのを最後に絶滅。オオカミとしては最も小形。北海道にいて1900年ごろ絶滅したエゾオオカミとは、亜種あるいは種が異なる。やまいぬ。ほんどおおかみ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にほんおおかみ【日本狼】

オオカミに近縁の日本特産種。体長約1メートルで、大陸のオオカミより小さい。全身灰褐色で耳と四肢が短い。かつて本州・四国・九州に分布したが、1905年(明治38)以降、捕獲例のない絶滅種である。ヤマイヌ。ホンドオオカミ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

日本狼 (ニホンオオカミ)

学名:Canis hodophilax
動物。イヌ科のオオカミ。絶滅種

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にほん‐おおかみ ‥おほかみ【日本狼】

〘名〙 オオカミの一亜種。日本の特産種として本州以南にすんでいたが明治三八年(一九〇五)絶滅。オオカミのうち最小で、体高約四三センチメートル。四肢・耳が特に短い。山犬。ほんどおおかみ。
※旅‐昭和二六年(1951)六月号・山犬と白猿〈戸川幸夫〉「この日本は昔は本州四国九州などに相当棲息していたらしい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

日本狼の関連情報