コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸川幸夫 とがわゆきお

4件 の用語解説(戸川幸夫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戸川幸夫
とがわゆきお

[生]1912.4.15. 佐賀
[没]2004.5.1. 東京
作家。日本の動物文学草分け。幼い頃から動物に興味をもち,動物学者を志して山形高校理科に入学したが,健康上の理由から中退。 1937年に東京日日新聞に入社し,1955年まで記者生活を送る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とがわ‐ゆきお〔とがはゆきを〕【戸川幸夫】

[1912~2004]動物作家。佐賀の生まれ。正確な知識に基づいて動物の生態を描き、動物文学という新しいジャンルを文壇に打ち立てた。子供向けの作品も多い。「高安犬物語」で直木賞受賞。他に「オーロラの下で」など。動物愛護活動でも知られ、昭和40年(1965)にはイリオモテヤマネコの発見にも関与した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸川幸夫 とがわ-ゆきお

1912-2004 昭和後期-平成時代の小説家。
明治45年4月15日生まれ。毎日新聞の記者をつとめ,長谷川伸のすすめで小説をかく。昭和30年「高安犬物語」で直木賞。動物文学という新領域を開拓した。40年イリオモテヤマネコを発見した。52年「戸川幸夫動物文学全集」で芸術選奨。平成16年5月1日死去。92歳。佐賀県出身。山形高中退。作品に「咬ませ犬」「牙王物語」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戸川幸夫
とがわゆきお
(1912―2004)

作家。佐賀県鍋島(なべしま)村(現佐賀市)に生まれる。山形高校理科へ入学したが、健康上の理由で中退。回復後、東京日日新聞社へ入社し、以後1955年(昭和30)までジャーナリスト生活を送った。東京日日新聞社会部長、毎日グラフ編集次長などを歴任。1954年長谷川伸(しん)の主催する新鷹(しんよう)会に参加、同年『大衆文芸』に発表した『高安犬(こうやすいぬ)物語』で直木賞を受賞。1962年に出版された『子どものための動物物語』全15巻で、サンケイ児童出版文化賞を受賞した。動物の生態を正しい知識に基づいて描く物語は、椋鳩十(むくはとじゅう)と並び、児童文学の世界に動物小説という新しい分野を確立した。
 極北の吹雪のなかで生まれ、王座を捨て、人間とともに自然と闘うオオカミ犬の物語『オーロラの下で』(1975)や、マサイの少年と野生のライオンの触れ合いを描いた『王者のとりで』(1984)など、重厚な感動を生み出した作品がある。また、ルポルタージュや、独特の人間観から描かれた将校伝や戦記物語、ユーモア小説と幅広い活躍をみせた。また、イリオモテヤマネコの発見にかかわった人物としても有名であり、その経緯を『イリオモテヤマネコ』(1972)に著した。
 1977年『戸川幸夫動物文学全集』全15巻で芸術選奨文部大臣賞、80年紫綬褒章、86年勲三等瑞宝章を受章した。[二上洋一]
『『子どものための動物物語』全15巻(1969・国土社) ▽『イリオモテヤマネコ――原始の西表島で発見された“生きた化石動物”の謎』(1972・自由国民社) ▽『戸川幸夫動物文学全集』全15巻(1976・講談社) ▽『オーロラの下で』(金の星文庫) ▽『高安犬物語』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

戸川幸夫の関連キーワードライアン・ロクテ入江陵介赤穂浪士一覧北洋漁業短距離競走タイソン ゲイ光の科学史200年住宅ソルベンシー・マージン比率支払い余力比率

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

戸川幸夫の関連情報