コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸川幸夫 とがわゆきお

4件 の用語解説(戸川幸夫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戸川幸夫
とがわゆきお

[生]1912.4.15. 佐賀
[没]2004.5.1. 東京
作家。日本の動物文学草分け。幼い頃から動物に興味をもち,動物学者を志して山形高校理科に入学したが,健康上の理由から中退。 1937年に東京日日新聞に入社し,1955年まで記者生活を送る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とがわ‐ゆきお〔とがはゆきを〕【戸川幸夫】

[1912~2004]動物作家。佐賀の生まれ。正確な知識に基づいて動物の生態を描き、動物文学という新しいジャンルを文壇に打ち立てた。子供向けの作品も多い。「高安犬物語」で直木賞受賞。他に「オーロラの下で」など。動物愛護活動でも知られ、昭和40年(1965)にはイリオモテヤマネコの発見にも関与した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸川幸夫 とがわ-ゆきお

1912-2004 昭和後期-平成時代の小説家。
明治45年4月15日生まれ。毎日新聞の記者をつとめ,長谷川伸のすすめで小説をかく。昭和30年「高安犬物語」で直木賞。動物文学という新領域を開拓した。40年イリオモテヤマネコを発見した。52年「戸川幸夫動物文学全集」で芸術選奨。平成16年5月1日死去。92歳。佐賀県出身。山形高中退。作品に「咬ませ犬」「牙王物語」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戸川幸夫
とがわゆきお
(1912―2004)

作家。佐賀県鍋島(なべしま)村(現佐賀市)に生まれる。山形高校理科へ入学したが、健康上の理由で中退。回復後、東京日日新聞社へ入社し、以後1955年(昭和30)までジャーナリスト生活を送った。東京日日新聞社会部長、毎日グラフ編集次長などを歴任。1954年長谷川伸(しん)の主催する新鷹(しんよう)会に参加、同年『大衆文芸』に発表した『高安犬(こうやすいぬ)物語』で直木賞を受賞。1962年に出版された『子どものための動物物語』全15巻で、サンケイ児童出版文化賞を受賞した。動物の生態を正しい知識に基づいて描く物語は、椋鳩十(むくはとじゅう)と並び、児童文学の世界に動物小説という新しい分野を確立した。
 極北の吹雪のなかで生まれ、王座を捨て、人間とともに自然と闘うオオカミ犬の物語『オーロラの下で』(1975)や、マサイの少年と野生のライオンの触れ合いを描いた『王者のとりで』(1984)など、重厚な感動を生み出した作品がある。また、ルポルタージュや、独特の人間観から描かれた将校伝や戦記物語、ユーモア小説と幅広い活躍をみせた。また、イリオモテヤマネコの発見にかかわった人物としても有名であり、その経緯を『イリオモテヤマネコ』(1972)に著した。
 1977年『戸川幸夫動物文学全集』全15巻で芸術選奨文部大臣賞、80年紫綬褒章、86年勲三等瑞宝章を受章した。[二上洋一]
『『子どものための動物物語』全15巻(1969・国土社) ▽『イリオモテヤマネコ――原始の西表島で発見された“生きた化石動物”の謎』(1972・自由国民社) ▽『戸川幸夫動物文学全集』全15巻(1976・講談社) ▽『オーロラの下で』(金の星文庫) ▽『高安犬物語』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戸川幸夫の関連キーワードおおえ ひで愛宕松男紅林茂夫古賀憲司辻隆長岡毅山下和夫山田貢河野道代山田宗徧(3)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

戸川幸夫の関連情報