コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本目録規則 にほんもくろくきそく

百科事典マイペディアの解説

日本目録規則【にほんもくろくきそく】

日本図書館協会目録委員会が編纂(へんさん)した図書目録作製上の規則Nippon Cataloging Rules。NCRと略称。
→関連項目図書目録法

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

図書館情報学用語辞典の解説

日本目録規則

日本の標準目録規則.日本文庫協会が1893(明治26)年に書名基本記入方式の『和漢圖書目録編纂規則』を制定し,その後身である日本図書館協会がこれを改訂し,1910(明治43)年に『和漢圖書目録編纂概則』を制定した.さらに1932(昭和7)年には『和漢圖書目録法案』が公表されたが,これは基本記入にかかわる論争を招き,案のままに終わった.一方,青年図書館員聯盟が1943(昭和18)年に著者基本記入方式の『日本目録規則1942年版』を刊行したが,第二次大戦後,国立国会図書館開設のために米国より招聘された特別顧問は,同館は和漢書にこの規則を使用することとし,日本図書館協会が速やかにその改訂を行うよう勧告した.以後,この勧告に沿った『日本目録規則1952年版』,パリ原則に従った『同1965年版』,国際標準書誌記述に準拠し,併せて記述ユニット方式を導入した『同新版予備版』(1977),これを踏襲しながらも,書誌階層にかかわる新たな規定を導入し,オンライン目録やMARCレコードにも配慮した『同1987年版』,『同1987年版改訂版』(1994)および『同1987年版改訂2版』(2001),『同1987年版改訂3版』(2006)が日本図書館協会によって制定されている.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

日本目録規則の関連キーワード著者・タイトル目録件名タイトル目録継続刊行書誌単位多段階記述様式シリーズ番号サブタイトル著作権表示年総合タイトル表紙タイトル単行書誌単位並列タイトル無著者名古典タイトル標目タイトル目録部分タイトル背タイトル原タイトル個別型目録本タイトル書誌的事項

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android