日本目録規則(読み)にほんもくろくきそく

図書館情報学用語辞典 第5版の解説

日本の標準目録規則.日本文庫協会が1893(明治26)年に書名基本記入方式の『和漢圖書目録編纂規則』を制定し,その後身である日本図書館協会がこれを改訂し,1910(明治43)年に『和漢圖書目録編纂概則』を制定した.さらに1932(昭和7)年には『和漢圖書目録法案』が公表されたが,これは基本記入にかかわる論争を招き,案のままに終わった.一方,青年図書館員聯盟が1943(昭和18)年に著者基本記入方式の『日本目録規則1942年版』を刊行したが,第二次大戦後,国立国会図書館開設のために米国より招聘された特別顧問は,同館は和漢書にこの規則を使用することとし,日本図書館協会が速やかにその改訂を行うよう勧告した.以後,この勧告に沿った『日本目録規則1952年版』,パリ原則に従った『同1965年版』,国際標準書誌記述に準拠し,併せて記述ユニット方式を導入した『同新版予備版』(1977),これを踏襲しながらも,書誌階層にかかわる新たな規定を導入し,オンライン目録やMARCレコードにも配慮した『同1987年版』,『同1987年版改訂版』(1994)および『同1987年版改訂2版』(2001),『同1987年版改訂3版』(2006)が日本図書館協会によって制定された.最新版である『同2018年版』(2018)は,事実上の国際標準であるRDAとの互換性に配慮し,FRBR等の概念モデルに密着した形に,規則の構造や内容が大きく変更されている.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android