日本科学技術情報センター(読み)ニホンカガクギジュツジョウホウセンター

デジタル大辞泉の解説

にほん‐かがくぎじゅつじょうほうセンター〔‐クワガクギジユツジヤウホウ‐〕【日本科学技術情報センター】

内外の科学技術情報の収集・分類・提供などを行った特殊法人。昭和32年(1957)設立。科学技術庁(当時)の所管。平成8年(1996)新技術事業団と統合して科学技術振興事業団となり、平成15年(2003)独立行政法人科学技術振興機構(JST)に改編。JICST(ジクスト)(Japan Information Center of Science and Technology)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

日本科学技術情報センター【にほんかがくぎじゅつじょうほうセンター】

世界各国の科学技術の情報を集め,整理分析,保管して,各研究機関に提供する特殊法人。1957年設立。略称JICST(Japan Information Center of Science and Technologyの略)。コンピューター処理により,科学技術文献速報(電気工学編など12シリーズ)の発行のほか,オンライン情報検索サービスを行う。全国各地の支部のほか,付置機関として情報資料館,筑波資料センターがある。1996年,新技術事業団と統合し科学技術振興事業団となる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にほんかがくぎじゅつじょうほうセンター【日本科学技術情報センター】

増大する科学技術情報を収集,分類し,必要に応じて迅速かつ適確に提供することを目的として,1957年,科学技術庁の下に設立された政府機関。対外表記はJapan Information Center of Science and Technology,略称JICST。科学社会学者D.プライスによれば,近代科学が成立した17世紀以来,科学技術情報は15~20年間隔で2倍という速さで指数関数的増加を示している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の日本科学技術情報センターの言及

【科学技術政策】より

… 原子力開発は多くの人の期待を担ってスタートし,原子力委員会の設置(1956)に続いて,原子力基本法の制定,日本原子力研究所の設立など,平和利用関係一連の開発計画が進められた。57年のソ連邦の人工衛星の打上げ成功を境とする科学技術への関心の著しい上昇を背景として,日本科学技術情報センターの設立(1957),理化学研究所の特殊法人としての再発足(1958)があり,新技術の工業化を促進するため新技術開発事業団が新設(1961)された。また各省試験研究機関の整備と研究体制の強化が進められ,農林省においても61年に付属の試験場の再編成を行い農林水産技術会議が発足した。…

※「日本科学技術情報センター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android