コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本貿易振興機構 にほんぼうえきしんこうきこう Japan External Trade Organization; JETRO

3件 の用語解説(日本貿易振興機構の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本貿易振興機構
にほんぼうえきしんこうきこう
Japan External Trade Organization; JETRO

貿易に関する調査や取り引きの斡旋などを通じて貿易振興を行なう独立行政法人JETRO (ジェトロ) と略称される。前身の特殊法人日本貿易振興会は 1958年,海外市場調査会と海外貿易振興会を統合し,全額政府出資で設立された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にほん‐ぼうえきしんこうきこう【日本貿易振興機構】

ジェトロ(JETRO)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本貿易振興機構
にほんぼうえきしんこうきこう

独立行政法人日本貿易振興機構法(平成14年法律172号)に基づき、日本の貿易振興事業を総合的かつ効率的に実施することなどを目的に設立された独立行政法人。英語ではJapan External Trade Organizationと表記し、JETRO(ジェトロ)と略称される。前身は、1951年(昭和26)に設立された財団法人海外市場調査会である。1954年8月、国際見本市協議会、日本貿易斡旋(あっせん)所協議会を統合し、財団法人海外貿易振興会となる。1958年(昭和33)7月、日本貿易振興会法に基づき、特殊法人日本貿易振興会に改組した。1998年(平成10)アジア経済研究所を統合し、貿易・投資、地域開発研究の総合機関となった。2003年10月独立行政法人となり、名称を日本貿易振興機構とした。
 主要業務は、(1)海外経済情報・資料の収集および国内関係者への的確かつ迅速な提供、貿易投資相談、(2)人的交流などを通じての国際コミュニケーション、海外見本市の開催または参加などによる、主として中小企業の輸出開拓や支援など、(3)開発途上国の経済発展および貿易振興への支援や調査、研究、(4)輸入促進・市場開放への協力、(5)海外企業の対日投資・企業誘致など投資の相互交流の促進などであり、最近はとくに(2)や(5)に重点を置いている。このような諸活動を行うために、東京、大阪の本部を中心に、国内38か所に国内事務所を設け、また海外72か所にジェトロ・センターやジェトロ事務所を設けている(2009)。[秋山憲治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本貿易振興機構の関連キーワードJISC関税と貿易に関する一般協定法制局全国消費実態調査輸入組合直取引MFA差し取り引き詰め関税・貿易に関する一般協定日中総合貿易に関する覚書

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本貿易振興機構の関連情報