コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本車輛製造 にっぽんしゃりょうせいぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本車輛製造
にっぽんしゃりょうせいぞう

鉄道車両のメーカー最大手。鉄道車両の製造・販売を目的に名古屋財界により 1896年設立。同年貨車,翌年客車の国産化に着手。以降順調に発展して 1919年には蒸気機関車の国産化に成功。第2次世界大戦後は産業機械など兼業部門にも進出。 57年初のモノレールを敷設し,63年以降新幹線の車両の生産に入った。新交通システムの開発に実績をもつ。近年は産機,鉄構なども展開。売上構成比は,鉄道車両 43%,産業機械 10%,電機4%,鉄構 21%,プラント 12%,特殊自動車4%,その他6%。年間売上高 814億 7900万円 (うち輸出8%) ,資本金 118億 1000万円,従業員数 2514名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本車輛製造の関連キーワード上遠野富之助細川泉一郎小坂狷二

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android