コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日田金 ひだがね

1件 の用語解説(日田金の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日田金
ひだがね

日田銀とも書く。江戸時代豊後国天領日田の高利貸業者。日田は水陸交通の要衝で,地方産業の中心でもあった。この経済的基盤を背景に収益が次第に蓄積され,富豪のなかには代官,諸大名の蔵元掛屋となる者が現れ,高利貸を業とするようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の日田金の言及

【日田[市]】より

… 隈・豆田両町は,筑後川舟運により北部や西部一帯と交通路が開けたため仲介商業が発展し,豪商が形成された。彼らは,代官所の廻米用達や掛屋をつとめ,また預り金を運用して周辺諸国の大名や村々への貸付けを行い,日田金(ひたがね)と称する金融業者として発展した。隈町の山田・森両家,豆田町の草野,広瀬,千原,手島の各家などの豪商が軒を並べ,八軒士とか掛屋仲間衆と呼ばれた。…

※「日田金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日田金の関連キーワード乙名割瓜西国筋郡代須多綿豊後風土記日田天領水天領日田資料館豊後街道稲葉知通天領誉

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone