コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日達 にちだつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日達 にちだつ

1674-1747 江戸時代中期の僧。
延宝2年生まれ。日蓮宗鷹峰(たかがみね),六条,中村の檀林(だんりん)の能化(のうけ)を歴任し,享保(きょうほう)5年京都本圀(ほんこく)寺26世となる。著述により他宗派や宗門内の他の門流と論争。華厳(けごん)宗の鳳潭(ほうたん),天台宗霊空とともに教界の三傑と称された。延享4年2月26日死去。74歳。陸奥(むつ)福島出身。俗姓は萱間。字(あざな)は運智。号は了義院。著作に「御譲状註釈」「開目抄講義」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日達の関連キーワード日本山妙法寺大僧伽鎌倉殿中問答日本山妙法寺藤井 日達田島 瑞泰稲田 海素佐藤行通稲田海素西本 敦8月6日藤井日達

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日達の関連情報