コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日達 にちだつ

1件 の用語解説(日達の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日達 にちだつ

1674-1747 江戸時代中期の僧。
延宝2年生まれ。日蓮宗。鷹峰(たかがみね),六条,中村の檀林(だんりん)の能化(のうけ)を歴任し,享保(きょうほう)5年京都本圀(ほんこく)寺26世となる。著述により他宗派や宗門内の他の門流と論争。華厳(けごん)宗の鳳潭(ほうたん),天台宗の霊空とともに教界の三傑と称された。延享4年2月26日死去。74歳。陸奥(むつ)福島出身。俗姓は萱間。字(あざな)は運智。号は了義院。著作に「御譲状註釈」「開目抄講義」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日達の関連キーワード実聞東湖笠井魚路尭州斎藤義敏佐藤就正春川秀蝶横山潤了碩弄幻子

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日達の関連情報