コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日野有範(2) ひの ありのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日野有範(2) ひの-ありのり

1302-1364* 南北朝時代の公卿(くぎょう)。
乾元(けんげん)元年生まれ。大学頭(かみ),治部卿などを歴任し,室町幕府の禅律方(ぜんりつかた)頭人に起用された。足利直義(ただよし)派であったため,観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)で失脚するが,延文2=正平(しょうへい)12年従三位として復帰。のち正三位,式部大輔となる。貞治(じょうじ)2=正平18年12月1日死去。62歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日野有範(2)の関連キーワード南北朝時代公卿乾元

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android