コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日野有範(2) ひの ありのり

1件 の用語解説(日野有範(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日野有範(2) ひの-ありのり

1302-1364* 南北朝時代の公卿(くぎょう)。
乾元(けんげん)元年生まれ。大学頭(かみ),治部卿などを歴任し,室町幕府の禅律方(ぜんりつかた)頭人に起用された。足利直義(ただよし)派であったため,観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)で失脚するが,延文2=正平(しょうへい)12年従三位として復帰。のち正三位,式部大輔となる。貞治(じょうじ)2=正平18年12月1日死去。62歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日野有範(2)の関連キーワード河野通朝四条隆蔭正平版藤原有範アルソ岩三部会乾元戦略研究クラクフシャルル

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone