日野自動車(読み)ひのじどうしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日野自動車
ひのじどうしゃ

自動車メーカー。1910年創業の東京瓦斯電気工業の自動車部が前身。1937年自動車工業,共同国産自動車と合併して東京自動車工業(1941ヂーゼル自動車工業と改称)となったが再び二分され,1942年日野重工業を設立,1948年日野ヂーゼル工業と改称し,1959年日野自動車工業に社名変更。1966年トヨタ自動車工業(→トヨタ自動車)と業務提携後は大型トラック,バス,小型商業車を主力としている。1998年,トヨタ自動車の傘下に入る。1999年販売会社の日野自動車販売を吸収合併し,現社名に変更。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日野自動車

1910年に「東京瓦斯(がす)工業」として創業し、18年からトラックの生産を始めた。60年代からトヨタ自動車と業務提携し、2001年に子会社になった。17年3月期の売上高は1兆6837億円。世界80カ国以上で「HINO」ブランドのトラックやバスを販売し、インドネシアなど東南アジア市場で浸透する。16年5月、いすゞ自動車と自動運転分野での共同開発に合意した。

(2018-04-13 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

日野自動車

正式社名「日野自動車株式会社」。英文社名「HINO MOTORS, LTD.」。輸送用機器製造業。昭和17年(1942)「日野重工業株式会社」設立。同21年(1946)「日野産業株式会社」に改称。同23年(1948)「日野ヂーゼル工業株式会社」に改称。同34年(1959)「日野自動車工業株式会社」に改称。平成11年(1999)現在の社名に変更。本社は東京都日野市日野台トヨタ自動車子会社の自動車会社。トラック・バスの最大手。親会社向け受託生産も行う。東京証券取引所第1部・名古屋証券取引所第1部上場。証券コード7205。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日野自動車の関連情報