コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日鉄機関方ストライキ にってつきかんかたストライキ

世界大百科事典 第2版の解説

にってつきかんかたストライキ【日鉄機関方ストライキ】

1898年2月末~3月末に日本鉄道会社(当時における最大の鉄道会社)の機関方・火夫によって行われた争議。〈我が労働社会にて職工の努力を資本家に示したる嚆矢(こうし)〉(横山源之助)として知られ,なによりも注目されることは,賃金増額要求と並んで身分昇格・職名改称など〈地位向上〉の要求が掲げられていたことである。労働者が〈下層社会〉の一員として差別されていた明治期日本の労働運動特質がここに示されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の日鉄機関方ストライキの言及

【順法闘争(遵法闘争)】より

…争議戦術としては一種のサボタージュである。鉄道部門においてこの種の戦術が採用されたのは古く,1898年日鉄機関方が賃金引上げや職名改正の要求でストライキを行った(日鉄機関方ストライキ)さい,〈規定に反し無理勉強せざること〉が争議の戦術としてあげられている。 1948年官公部門のストが禁止され,49年民同派(〈民同運動〉の項参照)が国労の指導部を構成して以降,賃上げの仲裁裁定を完全実施しない政府への抗議闘争の一環として,国労は検査規定の完全実施,作業内規の完全励行,機関車の入出庫時間の厳守などを内容とする順法闘争を指令している。…

【労働運動】より

…97年,98年には日清戦争を機とした産業発展に伴う労働力不足と物価騰貴を背景に,多くのストライキが起こった。なかでも98年の日鉄機関方ストライキは,高度に組織的な闘争でその要求を貫徹し,その後に日本鉄道矯正会という強力な組合を残した点で,第1次大戦前の例外的な存在である。また98年には印刷工も活版工組合を結成した。…

※「日鉄機関方ストライキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日鉄機関方ストライキの関連キーワード順法闘争(遵法闘争)

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android