コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青糸 セイシ

デジタル大辞泉の解説

せい‐し【青糸】

青色の糸。
新芽がふいて、青く垂れている柳の枝のたとえ。
黒くて美しい髪のたとえ。
「―の髪(みぐし)、紅玉の膚(はだえ)」〈樗牛滝口入道

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいし【青糸】

青色の糸。新芽をふいた柳の枝にたとえる。
美しい黒髪をたとえていう語。 「 -の髪疎おろそかにして/太平記 6

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

青糸の関連キーワード糸毛の車南部姫毬日陰の蔓たとえ粗らか太平記青簾牛車

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青糸の関連情報