コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日高昌克 ひだか しょうこく

美術人名辞典の解説

日高昌克

日本画家。和歌山県生。本名は昌克(まさかつ)。旧姓は木村、のち池田姓。京都府立医学専門学校を卒業後、京都帝大医科大学に学ぶ。医院開業の傍ら、阪井芳泉に四条派を学び、南画を独習。橋本関雪富岡鉄斎に傾倒。同郷の野長瀬晩花を通じて、土田麦僊・榊原紫峰らと交遊した。国画創作協会展入選後、和歌山に日本画を主とする団体黒鳥社を結成。国画創作協会解散後は、新樹社の結成に参加。同社解散後は、個展を中心に制作。昭和36年(1961)歿、79才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日高昌克 ひだか-しょうこく

1881-1961 明治-昭和時代の医師,日本画家。
明治14年8月14日生まれ。44年郷里の和歌山県で耳鼻科医院を開業。大正3年から阪井芳泉に日本画をまなび,10年黒鳥社を結成。のち画業に専念し,昭和14年美術工芸学院教授。戦後はアメリカでも個展をひらいた。昭和36年7月20日死去。79歳。京都府立医専(現京都府立医大)卒。旧姓は池田。本名は昌克(まさかつ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日高昌克の関連キーワード日高 昌克昭和時代明治

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android