コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日高梅渓 ひだか ばいけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日高梅渓 ひだか-ばいけい

1853*-1920 明治-大正時代の書家。
嘉永(かえい)5年12月5日生まれ。長三洲(ちょう-さんしゅう)にまなぶ。宮内省にはいり,内大臣秘書官,東宮御学問所御用掛などをつとめる。文部省の委嘱で「小学校国定書き方手本」の原本をかいた。大正9年4月19日死去。69歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。本名は秩父。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日高梅渓の関連キーワード大恐慌牧野省三徳川家慶明治維新ユダヤ演劇フルハイビジョンフルHDフィッツジェラルドランランアメリカ演劇

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone