コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日高鉄翁 ひだかてつおう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日高鉄翁
ひだかてつおう

[生]寛政3(1791).長崎
[没]明治4(1871).12.7. 長崎
臨済宗の僧,南画家。姓は日高,名は祖門,号は鉄翁。春徳寺住持で晩年は雲竜寺に隠棲。石崎融思江稼圃 (こうかほ) に師事し山水図や墨蘭画を得意とした。木下逸雲三浦梧門とともに長崎の三名家といわれ,門下から滝和亭安田老山など明治初期画壇の俊才が多く出た。主要作品『谿山雪斎図』 (1854) ,『秋景山水図』 (56) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日高鉄翁の関連キーワード村田 香谷土屋邦敬貫名海屋長崎派

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android