コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石崎融思 いしざき ゆうし

5件 の用語解説(石崎融思の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

石崎融思

江戸後期の画家。長崎生。荒木元融の子、石崎元徳の養子。幼名は慶太郎、字は士斎、別号に鳴鶴堂・放齢・鳳嶺・梅竹園。諸流派をとり入れて長崎派の大家となった。門人に木下逸雲三浦梧門等がいる。弘化3年(1846)歿、78才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石崎融思 いしざき-ゆうし

1768-1846 江戸時代後期の画家。
明和5年生まれ。父の荒木元融,養父の石崎元徳にまなび,元徳の跡をつぎ唐絵目利(からえめきき)兼御用絵師となる。洋画風の写生にすぐれ,長崎派の中心となり,門人に木下逸雲,三浦梧門(ごもん),子の融済らがいる。弘化(こうか)3年2月28日死去。79歳。肥前長崎出身。幼名は慶太郎。字(あざな)は士斎。号は鳳嶺,放齢。作品に「蘭船図」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

石崎融思

没年:弘化3.2.28(1846.3.25)
生年:明和5(1768)
江戸後期の画家。字は士斎。鳳嶺,放齢とも号す。荒木元融の子として長崎に生まれ,父に画法を学ぶ。父の師である石崎元徳の孫が夭逝し後継者がなかったので,その養子となって唐絵目利職を継いだ。田能村竹田とは旧知の仲で,竹田の交遊録『竹田荘師友画録』には「西洋画を善くす」などと記されている。写生を交えて諸様式を器用に描き分け,ガラス絵も得意だったらしい。文化年間(1804~18)には門人277人を数えたという。代表作に「ブロンホフ家族図」(1817,神戸市立博物館蔵),「蘭船図」(1822,同前)など。

(佐藤康宏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いしざきゆうし【石崎融思】

1768‐1846(明和5‐弘化3)
江戸後期の長崎の画家。荒木元融の子で唐絵目利(からえめきき)石崎家の名跡を継ぎ,文化年間(1804‐18)には長崎画壇の大御所となった。唐絵目利職は長崎奉行の直轄下にあり,舶載画の鑑定や輸入品の図写を仕事としたため,写生的な画風を要求された。しかし,長崎の唐絵目利の画家たちは,在来の狩野派の画風に多少の南蘋(沈銓(しんせん))風写生画法や西洋画法を加味するにとどまった。融思の画風はその典型的なものといえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石崎融思
いしざきゆうし

[生]明和5(1768).長崎
[没]弘化3(1846).2.28. 長崎
江戸時代後期の長崎派画家。荒木元融の子。字は士斎,号は鳳嶺,鶴鳴堂。父の師であった石崎元徳の嗣子元甫が早世したため,石崎家を継いで唐絵目利 (からえめきき) となる。初め父に画事を習い,のち元徳に油絵を習う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石崎融思の関連キーワード高橋波藍畑中西山岡田鶴川渡辺松臺松田蘆山河田磻溪伊星双缶斎藤抱山木下月洲岸田青城

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石崎融思の関連情報