コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早坂一郎 はやさか いちろう

2件 の用語解説(早坂一郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

早坂一郎 はやさか-いちろう

1891-1977 大正-昭和時代の古生物学者。
明治24年12月6日生まれ。東北帝大助教授をへて,昭和3年新設の台北帝大教授。戦後は金沢大・北大教授,島根大学長。古生代の化石の研究で知られ,日本地質学会会長をつとめた。昭和52年8月19日死去。85歳。宮城県出身。東北帝大卒。著作に「日本地史の研究」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

早坂一郎
はやさかいちろう
(1891―1977)

古生物学者。仙台に生まれる。1915年(大正4)東北帝国大学地質学科を卒業後、同大学講師、1918年新潟県青海石灰岩の研究で理学博士、同年助教授に進む。1924年ヨーロッパおよびアメリカに留学、1928年(昭和3)帰国し、新設の台北帝国大学理農学部教授に就任、地質学科を設立した。東北帝大のころからおもに古生代の化石を研究したが、台湾では広く分布する第三紀化石の調査を推進し、優れた業績を残した。第二次世界大戦後、台北帝大が中華民国国立台湾大学となり、1949年(昭和24)帰国。1950年金沢大学教授、1951年北海道大学へ転じ、1954年まで金沢大学教授を兼務、1955年退官して東洋大学へ移る。1958~1962年島根大学学長を務めた。1952~1953年日本地質学会会長、1952~1955年日本学術会議会員に選ばれ、戦後の大学・学会民主化運動と関係が深い。著書は『日本地史の研究』ほか。[石山 洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

早坂一郎の関連キーワード新古生代井尻正二遠藤隆次大槻憲二緒方益雄加来素六畑井小虎逸見梅栄松嶋喜作室崎琴月

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

早坂一郎の関連情報