コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早坂一郎 はやさか いちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

早坂一郎 はやさか-いちろう

1891-1977 大正-昭和時代の古生物学者。
明治24年12月6日生まれ。東北帝大助教授をへて,昭和3年新設の台北帝大教授。戦後は金沢大・北大教授,島根大学長。古生代化石研究で知られ,日本地質学会会長をつとめた。昭和52年8月19日死去。85歳。宮城県出身。東北帝大卒。著作に「日本地史の研究」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

早坂一郎
はやさかいちろう
(1891―1977)

古生物学者。仙台に生まれる。1915年(大正4)東北帝国大学地質学科を卒業後、同大学講師、1918年新潟県青海石灰岩の研究で理学博士、同年助教授に進む。1924年ヨーロッパおよびアメリカに留学、1928年(昭和3)帰国し、新設の台北帝国大学理農学部教授に就任、地質学科を設立した。東北帝大のころからおもに古生代の化石を研究したが、台湾では広く分布する第三紀化石の調査を推進し、優れた業績を残した。第二次世界大戦後、台北帝大が中華民国国立台湾大学となり、1949年(昭和24)帰国。1950年金沢大学教授、1951年北海道大学へ転じ、1954年まで金沢大学教授を兼務、1955年退官して東洋大学へ移る。1958~1962年島根大学学長を務めた。1952~1953年日本地質学会会長、1952~1955年日本学術会議会員に選ばれ、戦後の大学・学会民主化運動と関係が深い。著書は『日本地史の研究』ほか。[石山 洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

早坂一郎の関連キーワード里浜貝塚昭和時代石山

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android