コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早蕨 サワラビ

大辞林 第三版の解説

さわらび【早蕨】

芽を出したばかりのわらび。 [季] 春。
かさねの色目の名。表は紫、裏は青。三月着用。
源氏物語の巻名。第四八帖。宇治十帖の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

早蕨の関連キーワード内藤 多喜夫おおなおおなほろろを打つ三つば四つば聞き交はす内藤多喜夫胸の隙あく久留島武彦しなてるや住み侘ぶ吉田寸草気色取る楠部弥弌柳原愛子吹入れる引換える宇治十帖便無し物縫ひ彼の岸

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

早蕨の関連情報