コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昇華核 しょうかかく sublimation nucleus

3件 の用語解説(昇華核の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょうかかく【昇華核 sublimation nucleus】

大気中の水蒸気が0℃以下の条件で直接氷晶をつくる場合に必要な核のこと。しかし,最近では,大気中で氷晶が発生するためには,水蒸気が凝結核にいったん凝結したのち凍って氷晶になると考えられている。この場合,凝結核は凍結核としても働いたことになる。雪の結晶の中心付近にある核を電子顕微鏡X線分析装置を使って調べてみると,土壌物質や燃焼生成物である場合が多く,海塩粒子も見いだされることは凝結核→凍結核の過程が多いことを物語っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

昇華核
しょうかかく

氷晶核」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

昇華核
しょうかかく
sublimation nucleus

氷晶核の一種。氷晶のでき方には、水蒸気がいったん凝結して過冷却雲粒となったのちに凍結する場合が多いが、ときには水蒸気が液相を経ずにいきなり固相、すなわち氷の結晶に転化する(昇華という)こともある。後者の場合に結晶の核として働く微粒子を昇華核とよぶ。同温度ならば氷に対する飽和水蒸気圧は、水に対するそれより低いので、環境中の水蒸気圧がその間の値をとるときには、氷に対して過飽和、水に対して未飽和である。昇華核はこの状態で氷晶生成の核として働く。[三崎方郎]
『高橋劭著『雲の物理――雲粒形成から雲運動まで』(1987・東京堂出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

昇華核の関連キーワード水蒸気相対湿度潮解細氷GPS気象学樹霜露点温度汽水分離器アプジョンの公式ゴフ‐グラッチの式

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone