明後日(読み)アサッテ

  • あさて
  • みょうごにち ミャウゴ‥
  • みょうごにち〔ミヤウゴ〕
  • 明=後=日

デジタル大辞泉の解説

《「あさて」の音変化》
明日の次の日。みょうごにち。
見当違いであること。向くべき方向や判断を誤っていること。「明後日の方向に走り出す」「明後日の方を向く」
あさって」に同じ。
「―ばかりに(出立ト)なりて」〈明石
明日のの日。あさって。「試験を明後日に延期する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「あさて」の変化した語)
① あすの次の日。みょうごにち。〔文明本節用集(室町中)〕
※浮世草子・好色一代男(1682)七「大坂をつれなくあさってのぼると」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一一「あしたの朝迄でも、あさっての朝まででも」
② (染物は天候に左右されたため) 注文を受けた品物がのびのびになった紺屋(こうや)が期日の言いわけにいう語。転じて、約束の期日の当てにならないこと。紺屋のあさって。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第一二「あんな日和は空にしられぬ あさってといふかと思へば染物屋」
③ (多く「あさっての方向」の形で) 全く見当違いの方向。
※草のつるぎ(1973)〈野呂邦暢〉一「手榴弾はあさっての方向にとばしてしまい」
※宇津保(970‐999頃)吹上上「あさてばかり、いと興ある所の侍るなる、見給に罷り出で立つを」
〘名〙 明日の次の日。あさて。あさって。明明日。
※名語記(1275)一〇「明後日をあさてといへる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明後日の関連情報