コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明智光忠 あけち みつただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明智光忠 あけち-みつただ

1540-1582 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)9年生まれ。明智光秀の従弟。父光久とともに明智光秀につかえる。丹波八上城(兵庫県)城主。天正(てんしょう)10年本能寺の変では二条城を攻める。山崎の戦いでの敗戦を知り,同年6月15日近江(おうみ)坂本城で自害した。43歳。通称は次右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

明智光忠の関連キーワードクロムウェルチェリーニ天文学史(年表)安土桃山時代(年表)トレバー=ローパー産業革命フマーユーンフロリス木曾義昌小出秀政

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android