コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂本城 さかもとじょう

日本の城がわかる事典の解説

さかもとじょう【坂本城】

滋賀県大津市にあった平城(ひらじろ)(水城)。安土桃山時代に、明智光秀によって築かれ、光秀が居城としていた城である。1571年(元亀2)、織田信長は比叡山の焼き討ちを行った後、光秀に近江国滋賀(志賀)郡を与えた。光秀は、森可成の戦死により城主を失った宇佐山城(同市)に入城した後、京と比叡山の押さえの拠点として坂本城の建設に着手し、その翌年に居城を坂本城に移した。宣教師のルイス・フロイスが著した『日本史』には、その壮麗さにおいて安土城(近江八幡市)に次ぐ名城と記されている。光秀は坂本城築城後、この城を拠点に近江の平定を行った。その後、光秀は丹波国を制圧して亀山城(京都府亀岡市)の城主となったが、そのまま坂本城の城主をつとめたと考えられている。1582年(天正10)6月2日、明智光秀は本能寺に投宿していた織田信長を急襲し、二条城を攻撃して信長嫡男の信忠を自害に追い込んだ。いわゆる本能寺の変である。しかし、同年6月13日、山崎の戦いで羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)に敗れ、光秀は勝竜寺城に退いた後、坂本城をめざしたが、その途上の山中で百姓らに襲われ死去したといわれている。一方、本能寺の変後、安土城を制圧して城主になっていた明智秀満は、光秀の敗報により坂本城に入城。しかし、秀吉麾下の堀秀政の軍勢に攻撃されて坂本城は落城した。その後、秀吉の命により丹羽長秀が坂本城の再建を行い、柴田勝家との賎(しず)ヶ岳の戦いの際には秀吉方の軍事拠点として使われた。その後、杉原家次そして浅野長政が城主として入城した。1586年(天正14)、長政は秀吉の命により新たに大津城(大津市)の築城を開始した。その際に坂本城は廃城になり、その資材は大津城の築城に利用された。坂本城の構造は長年不明だったが、1979年(昭和54)の発掘調査によって、大津城や膳所(ぜぜ)城(大津市)と共通点の多い水城であったことなどが明らかになった。坂本城の遺構は石垣の一部しか残っていない。夏場など渇水期に琵琶湖の水位が下がったときに、水中から石垣の一部が姿を現わす。また、坂本城の城門が市内の西教寺および聖衆来迎寺の山門として移築され、現存している。JR湖西線比叡山坂本駅から徒歩約10分。または、京阪電気鉄道石山坂本線坂本駅から徒歩約15分。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

世界大百科事典内の坂本城の言及

【坂本】より

…このときの状況を《日本耶蘇会年報》は〈坂本の町民等も亦坊主等の勧告に依りて,妻子等と共に山に登りたり……坊主等の死したる者約千五百人,俗人は男女小児を合わせて同数なりしという〉と伝えている。この後明智光秀によって坂本城が築かれるにおよび,坂本は近世の統一権力の下に組み込まれていった。85年(天正13)浅野長政が坂本城の遺構を大津に移建するとともに経済的中心も大津に奪われ,1721年(享保6)の人口は上坂本,下坂本ともに2000人余に過ぎないものになった。…

※「坂本城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

坂本城の関連キーワード安土桃山時代(年表)滋賀県大津市下阪本三加和[町]明智光秀妻本能寺の変赤松教康宇佐山城嘉吉の乱丹羽長秀浅野長政勝竜寺城明智光秀赤松満祐明智光忠杉原家次明智秀満明智光春木下氏安土城亀山城

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

坂本城の関連情報