コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明楽 ミンガク

2件 の用語解説(明楽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みん‐がく【明楽】

中国の代の音楽が日本に伝来したもの。月琴琵琶竜笛笙(しょう)雲鑼(うんら)などの11種の楽器で伴奏する歌曲。寛永6年(1629)長崎に来た魏之琰(ぎしえん)が伝え、一時京都で流行したが、幕末には衰滅、その一部は清楽に吸収された。→明清楽

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の明楽の言及

【明清楽】より

…近世日本で行われた明・清両朝楽曲の総称。明楽は17世紀中ごろ,福建省の人,魏双侯(ぎそうこう)(1613?‐90ころ)が長崎に伝え,やがて京都に上って内裏でも奏した。魏双侯の曾孫の魏皓(ぎこう)(字は子明,?‐1774)も1770年(明和7)前後の10年あまりを京都に居住し100人以上の弟子を育て貴族諸侯の愛好を得た。…

※「明楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

明楽の関連情報