明楽(読み)みんがく

精選版 日本国語大辞典「明楽」の解説

みん‐がく【明楽】

〘名〙 中国、明代に行なわれた音楽。詩経の大小雅や李白・杜甫の楽府題の詩などを中国風の音曲で歌唱したもので、楽器は笙・月琴龍笛など一一種ばかりある。日本には、寛永六年(一六二九)明朝の楽人魏之琰(ぎしえん)長崎に来てこれを伝え、一時貴人の間に流行したが、江戸末期に衰滅した。日本では清楽(しんがく)と合わせて明清楽という呼称ができた。
随筆・西遊記(新日本古典文学大系所収)(1795)四「はんしゃうとてをふく、すなわち明楽の長笛なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の明楽の言及

【明清楽】より

…近世日本で行われた明・清両朝楽曲の総称。明楽は17世紀中ごろ,福建省の人,魏双侯(ぎそうこう)(1613?‐90ころ)が長崎に伝え,やがて京都に上って内裏でも奏した。魏双侯の曾孫の魏皓(ぎこう)(字は子明,?‐1774)も1770年(明和7)前後の10年あまりを京都に居住し100人以上の弟子を育て貴族諸侯の愛好を得た。…

※「明楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android