明治用水旧頭首工(読み)めいじようすいきゅうとうしゅこう

事典 日本の地域遺産の解説

明治用水旧頭首工

(愛知県豊田市水源町地先)
推薦産業遺産」指定の地域遺産〔9号〕。
明治用水の取水量の安定を図るため、1901(明治34)年に矢作川中流の取水地点に横断堰堤が設けられ、魚道、放水門、排砂門、舟通し閘門など近代的設備が整えられた。1958(昭和33)年廃止。日本人が開発した工法による近代的頭首工という点で土木技術史上貴重な遺構

明治用水旧頭首工

(愛知県豊田市)
選奨土木遺産」指定の地域遺産。
1909(明治42)年竣工。服部長七(1842-1919)考案の人造石による大規模な堰堤

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android