コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明石城 あかしじょう

日本の城がわかる事典の解説

あかしじょう【明石城】

兵庫県明石市明石公園にあった平山城(ひらやまじろ)。江戸時代に小笠原忠真(ただざね)が築城。日本城郭協会選定による「日本100名城」の一つ。1617年(元和3)、徳川家康の外孫にあたる小笠原忠真が大坂の陣の軍功により10万石を与えられ、信濃(長野県)松本から船上城(ふなげじょう)(同市)に入城した。翌年、2代将軍徳川秀忠から西国の大名を抑えるため新城造営を命ぜられ、畿内と中国・四国を結ぶ要衝であるこの地を選んだ。幕府からは普請費用として銀1000貫目が与えられ、瀬戸内海を望む丘陵上に、本丸を中心に二の丸・東の丸・三の丸・稲荷曲輪(いなりぐるわ)を設け、本丸の四隅に櫓(やぐら)を築いた。天守閣は台のみで建立しなかった。築城当初の坤櫓(ひつじさるやぐら)は伏見城(京都府京都市伏見区)の櫓を、また巽(たつみ)櫓は船上城の櫓を移したものと伝えられる。1620年(元和6)に築造を終え、忠真は船上城から明石城に移った。その後、戸田松平家、大久保家、藤井松平家、本多家を経て、1682年(天和2)に越前松平家が入封して明治維新にいたる。明石城は1869年(明治2)に廃城となったが、巽櫓・坤櫓(ともに重要文化財)ほか天守台・石垣・堀などが現存し、県立明石公園として公開されている。阪神淡路大震災で石垣・櫓などが破損したが、修復された。JR山陽本線明石駅または山陽電鉄明石駅から徒歩3分。

出典|講談社日本の城がわかる事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あかし‐じょう〔‐ジヤウ〕【明石城】

明石市にある旧明石藩の城。元和4年(1618)小笠原忠真が新築、元和6年(1620)完成。櫓(やぐら)が現存。喜春城。錦江城。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

明石城の関連キーワード兵庫県明石市明石公園兵庫県立明石公園明石[市]明石(市)中部幾次郎明石城跡明石元知高山右近播磨国戸田氏

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明石城の関連情報