コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明石城 あかしじょう

2件 の用語解説(明石城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

あかしじょう【明石城】

兵庫県明石市明石公園にあった平山城(ひらやまじろ)。江戸時代に小笠原忠真(ただざね)が築城。日本城郭協会選定による「日本100名城」の一つ。1617年(元和3)、徳川家康の外孫にあたる小笠原忠真が大坂の陣の軍功により10万石を与えられ、信濃(長野県)松本から船上城(ふなげじょう)(同市)に入城した。翌年、2代将軍徳川秀忠から西国の大名を抑えるため新城造営を命ぜられ、畿内と中国・四国を結ぶ要衝であるこの地を選んだ。幕府からは普請費用として銀1000貫目が与えられ、瀬戸内海を望む丘陵上に、本丸を中心に二の丸・東の丸・三の丸・稲荷曲輪(いなりぐるわ)を設け、本丸の四隅に櫓(やぐら)を築いた。天守閣は台のみで建立しなかった。築城当初の坤櫓(ひつじさるやぐら)は伏見城(京都府京都市伏見区)の櫓を、また巽(たつみ)櫓は船上城の櫓を移したものと伝えられる。1620年(元和6)に築造を終え、忠真は船上城から明石城に移った。その後、戸田松平家、大久保家、藤井松平家、本多家を経て、1682年(天和2)に越前松平家が入封して明治維新にいたる。明石城は1869年(明治2)に廃城となったが、巽櫓・坤櫓(ともに重要文化財)ほか天守台・石垣・堀などが現存し、県立明石公園として公開されている。阪神淡路大震災で石垣・櫓などが破損したが、修復された。JR山陽本線明石駅または山陽電鉄明石駅から徒歩3分。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あかし‐じょう〔‐ジヤウ〕【明石城】

明石市にある旧明石藩の城。元和4年(1618)小笠原忠真が新築、同6年完成。櫓(やぐら)が現存。喜春城。錦江城。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明石城の関連キーワード明石市明石焼柿本神社明石レッドソルジャーズイオン明石ショッピングセンター明石歩道橋事故兵庫県明石市の人工砂浜陥没事故明石公園灘扇初笑

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

明石城の関連情報