コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十住毘婆沙論 じゅうじゅうびばしゃろんDása-bhūmika-vibhāṣā-śāstra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十住毘婆沙論
じゅうじゅうびばしゃろん
Dása-bhūmika-vibhāṣā-śāstra

仏教論書。インドの龍樹の著とされている。鳩摩羅什 (くまらじゅう) の漢訳のみ現存。 17巻。『華厳経』十地品の初地と第2地に対する注釈。全 35品のうち第9の易行品浄土教の重要典籍とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅうじゅうびばしゃろん〔ジフヂユウビバシヤロン〕【十住毘婆沙論】

大乗論書。17巻。竜樹著。梵本やチベット語訳はなく、鳩摩羅什(くまらじゅう)の漢訳が現存。「華厳経」十地品の大意を要約し、解釈を加えたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうじゅうびばしゃろん【十住毘婆沙論】

インド大乗仏教の論書。竜樹(ナーガールジュナ。150ころ‐250ころ)の著とされるが,疑問も呈されている。サンスクリット原典はなく,クマーラジーバ(鳩摩羅什)による漢訳のみ現存する。17巻35品よりなり,《華厳経》の一部である〈十地品〉の注釈である(〈十住〉は〈十地〉に対するクマーラジーバの訳語)。ただし,十地の全体にわたるものではなく,第27品までが初地(歓喜地),第28品以下が第2地(離垢地)の注釈で,その途中で終わっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十住毘婆沙論
じゅうじゅうびばしゃろん

仏教書。17巻。著者はインドの仏教学者ナーガールジュナ(龍樹(りゅうじゅ)、150ころ~250ころ)と伝えられるが、5世紀初、鳩摩羅什(くまらじゅう)が訳した漢訳1本のみが現存し、サンスクリット原典もチベット訳も伝わっていない。現存する漢訳をみると、詩頌(しじゅ)と散文とが混合していて、詩頌の内容を散文で解説しているので、散文の部分についてはナーガールジュナ作とすることに疑問がある。鳩摩羅什はインド僧ブッダヤシャス(仏陀耶舎(ぶっだやしゃ))の口誦(くじゅ)によって訳し、両者の間に翻訳についての意見の対立があって未完に終わったとも伝えられているから、散文には鳩摩羅什の理解解説が多分に入っていると考えられるからである。題名からも知られるように、本書は大乗菩薩(ぼさつ)の理念と実践道を説いている『十地経(じゅうじきょう)』の注釈であるが、逐語的に注釈したものではなく、大乗菩薩の思想と実践を『十地経』に依拠して説いたものである。後世、浄土教の盛行によって、念仏易行道(ねんぶついぎょうどう)を説く一章「易行品(ぼん)」がとくに注目され、この章についての研究は多いが、全体としての研究はほとんどない。しかし、ナーガールジュナの『菩提資糧論(ぼだいしりょうろん)』との関係も深く、大乗仏教の思想を理解するうえで、きわめて重要な論書であるといえる。[瓜生津隆真]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の十住毘婆沙論の言及

【竜樹】より

…竜樹の真作とされるものには,そのほかに《廻諍論(えじようろん)》《空七十論》《広破論》などがある。漢訳にのみ存し真作が疑われるが,中国,日本に重要な影響を与えたものに,《十二門論》《大智度論(だいちどろん)》《十住毘婆沙論(じゆうじゆうびばしやろん)》がある。竜樹の思想は,クマーラジーバ(鳩摩羅什)によって中国に伝えられ,その系統から〈三論宗〉が成立した。…

※「十住毘婆沙論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

十住毘婆沙論の関連キーワード教相判釈難易二道易行

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android