コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星形図法 ほしがたずほうstar-shaped projection

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

星形図法
ほしがたずほう
star-shaped projection

世界図の地図投影法のなかで,一方の極 (普通は北極) を地図の中心とし,星形の枠内に世界全体を表わすものの総称。正軸の正距方位図法半球を表わし,他の半球をいくつかの経度帯に区切り,その経度帯ごとに先に作図した半球図の同じ経度帯の中央経線を延長して半径が経線の長さを正しく表わすようにした同心円弧を地図上の緯線として,中央経線以外の経線は半球図の外周円のところの経線と他方の極を結ぶ直線とする。代表的なものに,南半球を,8つの経度帯に区切るペーテルマン図法 (1865発表) と5つに区切るベルグハウス図法 (79発表) がある。いずれも図案として用いられる。アメリカ地理学会のシンボルマークはベルグハウス図法の世界図である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せいけい‐ずほう〔‐ヅハフ〕【星形図法】

地図投影法の一。を地図の中心とし、星形の枠の中に世界全図を表す図法。星状図法。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいけいずほう【星形図法】

地図投影法の一。極を中心とした星状の輪郭の中に、世界全図を描く図法。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

星形図法の関連キーワード輪郭

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android