コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星形図法 ほしがたずほうstar-shaped projection

3件 の用語解説(星形図法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

星形図法
ほしがたずほう
star-shaped projection

世界図の地図投影法のなかで,一方の極 (普通は北極) を地図の中心とし,星形の枠内に世界全体を表わすものの総称。正軸の正距方位図法で半球を表わし,他の半球をいくつかの経度帯に区切り,その経度帯ごとに先に作図した半球図の同じ経度帯の中央経線を延長して半径が経線の長さを正しく表わすようにした同心円弧を地図上の緯線として,中央経線以外の経線は半球図の外周円のところの経線と他方の極を結ぶ直線とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

せいけいずほう【星形図法】

地図投影法の一。極を中心とした星状の輪郭の中に、世界全図を描く図法。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone