コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正距方位図法 せいきょほういずほうazimuthal equidistant projection

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正距方位図法
せいきょほういずほう
azimuthal equidistant projection

方位図法の一種で,地図主点から任意の点までの距離が正しく表される正距図法。16世紀の人文学者ギヨーム・ポステルが採用したことから,ポステル図法ともいわれる。地図学者ゲラルドゥス・メルカトルが,1569年に発行したメルカトルの世界図のなかで北極図に用いた。極地の探検歴史図などに使われる。(→地図投影法

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せいきょ‐ほういずほう〔‐ハウヰヅハフ〕【正距方位図法】

方位図法のうち、地図の中心から世界各地への距離と方位が正しく表されるようにした図法。接点にあれば、経線は等角度で放射する直線緯線は等間隔の同心円となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

正距方位図法
せいきょほういずほう
azimuthal equidistant projection

地図投影の一種。地図の中心(投影の中心または地図主点ともいう)からすべての方向への直線の距離が縮尺どおりに正しく表される正距で方位が正しく表される図法。地図帳の極地域図に、極を投影の中心としたこの図法が20世紀中ごろまで標準的に用いられていた。今日では特定の地点(たとえば東京)を投影の中心とする斜軸正距方位図法がコンピュータ支援地図作成でよく使われている。[金澤 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

正距方位図法の関連キーワードエイトフ図法星形図法

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android