コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正距方位図法 せいきょほういずほう azimuthal equidistant projection

3件 の用語解説(正距方位図法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正距方位図法
せいきょほういずほう
azimuthal equidistant projection

地図投影法の一つ。方位図法の一種で,地図主点からの任意の点までの距離が正しく表わされる正距図法。16世紀の人文学者G.ポステルが採用したことから,ポステル図法ともいわれる。G.メルカトルがその世界地図帳のなかで北極図に用い,1569年に発行した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せいきょ‐ほういずほう〔‐ハウヰヅハフ〕【正距方位図法】

方位図法のうち、地図の中心から世界各地への距離と方位が正しく表されるようにした図法。接点がにあれば、経線は等角度で放射する直線、緯線は等間隔の同心円となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

正距方位図法
せいきょほういずほう
azimuthal equidistant projection

地図投影の一種。地図の中心(投影の中心または地図主点ともいう)からすべての方向への直線の距離が縮尺どおりに正しく表される正距で方位が正しく表される図法。地図帳の極地域図に、極を投影の中心としたこの図法が20世紀中ごろまで標準的に用いられていた。今日では特定の地点(たとえば東京)を投影の中心とする斜軸正距方位図法コンピュータ支援地図作成でよく使われている。[金澤 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正距方位図法の関連キーワードエケルト図法円錐図法心射図法正角図法正射図法投射図法ハンメル図法方位図法星形図法ボンヌ図法

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

正距方位図法の関連情報